FireNET.info




FireNET.infoの試験運用を開始!
新機能のご紹介

『インターネット点検票作成 FireNET』に機能追加を行い、『FireNET.info』
として新しくリリースしました。

FireNET.info_TOP






FireNET.infoのリリースに伴い追加した2つの新機能をご紹介します。

1.クラウド連携機能

クラウドサービスのオンラインストレージを利用することで、お客様の作成した点検票のPDFをクラウドに保存できます。(2018年現在、Googleのクラウドサービスを利用可能)

メリット
  • 自動的にPDFのバックアップが作成されるので安心です。
  • 一括印刷用PDF作成の速度が向上し、効率的に作業を行えます。
  • スマートフォンやタブレットで簡単に点検票を閲覧できます。


対象
  • 点検票一覧:点検票
  • 各種帳票一覧:見積書などの各種帳票
  • 点検票一覧及び各種帳票一覧で追加できる「ファイル」は対象から除きます。


注意
  • クラウド連携機能をご利用いただくには、クラウドサービスを提供されているアカウントの登録を行ってください。(例『Googleアカウント』)
  • クラウドサービスを提供されているアカウントにログインした状態で、本機能は有効に機能します。


クラウドとの連携 - 点検票(見積書)の保存 -

編集した点検票(見積書)のデータをFireNETに保存するとともに、クラウドとの連携機能が有効な場合は、クラウドにPDFを自動的に保存します。
これにより、クラウドからPDF閲覧やダウンロードが可能になります。


保存時の動作

保存時の動作



点検票(見積書)の保存方法

点検票(見積書)の編集画面上部に『Googleにログインすると、Googleドライブ連携機能を利用できます。』の表示がある場合は、クラウド連携機能が無効な状態です。
クラウド連携機能が無効な状態の場合は、先にクラウドサービスを提供しているアカウントにログインしてください。
※画像は点検票の編集画面ですが見積書についても同様です。

クラウド連携点検票の保存_点検票



アカウントのログインが完了すると、 点検票(見積書)の編集画面上部の『Googleにログインすると、Googleドライブ連携機能を利用できます。』の表示が消え、クラウド連携機能が有効な状態となります。
※ログインしても表示が消えない場合は、編集画面を一度閉じてから再度編集画面を開いてください。
この状態で、点検票(見積書)の編集後に[保存]ボタンをクリックすることで、FireNETにデータを保存するとともに、クラウドにPDFを保存します。


クラウド連携点検票の保存_点検票



注意


クラウドとの連携 - 点検票(見積書)の一括印刷 -

クラウドと連携している場合、クラウドに既に保存されているPDFを印刷するので、通常より早く一括印刷することができます。


一括印刷時の動作

一括印刷時の動作



点検票(見積書)の一括印刷方法

点検票一覧または各種帳票一覧画面の[一括印刷]ボタンをクリックし、一括印刷用PDFの作成画面を表示してください。
一括印刷用PDFの作成画面に、『一括印刷用PDFの作成開始(通常モード)』の表示と、アカウントのログインボタンの表示(例[Googleにログイン])がある場合は、クラウド連携機能が無効な状態です。
画面のログインボタンをクリックし、表示に従いログインしてください。


一括印刷用PDF作成_通常モード



アカウントのログインが完了すると、ログインボタンの表示が消え、『一括印刷用PDFの作成(クラウド連携モード)』に表示が変わり、クラウド連携機能が有効な状態となります。
一括印刷用PDFの作成開始(クラウド連携モード)<ここをクリック>』をクリックすると、クラウドから一括印刷され、通常より早く印刷できます。


一括印刷用PDF作成_クラウド連携モード



注意
  • クラウドにPDFが保存されていない場合は、通常の一括印刷とともに、クラウドにPDFを保存します。
  • クラウド連携機能が無効な状態では、通常の一括印刷のみ行います。
  • 通常の一括印刷については、『点検票の印刷』
    『見積書の印刷』
    の項目をご覧ください。


クラウドに保存するPDFの格納場所

クラウドのTOPページに下記の図のように『firesolutions』、『firenet』フォルダを作成し、更に『firenet』フォルダの下にフォルダを作成しPDFを格納します。
PDFのファイル名は点検票や帳票ごとに決められている帳票IDで作成します。


クラウドフォルダ構成



2.カレンダー連携機能

Webサービスのカレンダーアプリを利用することで、カレンダーアプリの予定をFireNETの月間カレンダー上に表示できるようになります。(2018年現在、Googleのカレンダーアプリを利用可能)

メリット
  • 外出先で決まった予定をスマホに登録し、点検予定を組む時の参考にできます。
  • 仕事の予定とプライベートの予定を点検行程表に重ねて表示することができます。


注意
  • カレンダー連携機能をご利用いただくには、カレンダーアプリのWebサービスを提供されているアカウントの登録を行ってください。(例『Googleアカウント』)
  • カレンダーアプリのWebサービスを提供されているアカウントにログインした状態で、本機能は有効に機能します。
  • カレンダーアプリの予定は月間カレンダーにのみ表示され、週間カレンダーには表示されません。


カレンダーアプリの予定を表示する方法

1.アカウントのログイン

月間カレンダーの画面上部に、『Googleにログインすると、Googleカレンダー連携機能を利用できます。』の表示がある場合は、カレンダー連携機能は無効な状態です。


月間カレンダー_ログイン前



カレンダー連携機能が無効な状態の場合は、月間カレンダーの画面下部にある[Googleカレンダー連携]ボタンをクリックしてください。
新しく画面が開きアカウントのログイン画面が表示されますので、表示される指示に従い、アカウントのログインを行ってください。


月間カレンダー_Google連携ボタン



アカウントのログインが完了すると、画面上部の『Googleにログインすると、Googleカレンダー連携機能を利用できます。』の表示が消え、カレンダー連携機能が有効となります。
※表示が消えない場合は、画面左上の『FireNET.info』をクリックし、TOPページへ戻ったあとに再度月間カレンダーの画面を開いてください。


月間カレンダー_ログイン後



2.カレンダーアプリの予定を月間カレンダーに表示

月間カレンダーの画面下部にある「◀ ▶ 2018年6月」横のチェックボックスにチェックを入れると、カレンダーアプリの予定が画面に表示されます。
※複数選択が可能です。


月間カレンダー_Googleカレンダー予定表示



© 2018 Google LLC All rights reserved. Google は Google LLC の登録商標です。